Environmental Control Equipment

環境制御機器

窒素発生装置
< PSA式 >

大新・前川製 窒素発生装置

防火・防爆用の高純度窒素ガスを安定供給
PSA方式により大気中の酸素ガスや炭酸ガス、水分などを短時間で除去し、高純度の窒素ガスを安定供給します。さまざまなバリエーションの中から、船舶の構造に最適な装置をご提案いたします。

※PSA方式とは?

Pressure Swing Adsorption(圧力スイング吸着)方式の略称。特殊な吸着剤を用いて空気中の酸素分子を加圧吸着することにより、窒素を取り出す方法。

特徴

  1. 低消費電力(メンブレン方式の約3分の2)
  2. 高性能吸着剤の採用により省スペース化を実現
  3. 静音設計
  4. 窒素純度95%~99.99%まで幅広く対応
    (99.99%以上も可能です)

高性能吸着剤

特殊フェノール樹脂を原料にした新カーボン系吸着剤。
合成高分子を原料とする高性能のMSC(分子篩炭素)で、次のような特徴があります。

  • ・直径1mm、長さ2~3mm程度の円柱形状
  • ・合成フェノール樹脂を原料としているため均質性に優れる
  • ・特異な細孔構造を有し、高効率に窒素ガスを分離精製できる
  • ・耐久性、耐摩耗性に優れる

PSA式窒素発生装置

窒素発生装置
<メンブレン(透過膜)式 >

大新・AIR PRODUCTS社製(ノルウェー製) 窒素発生装置

大新・エアプロダクツ社製の窒素ガス発生テクノロジーは他の多くの競合システムよりも少ない原料空気を用いて高純度で大容量の窒素を供給できます。
大新・エアープロダクツのエンジニアはメンテナンスしやすく低コストで船に容易に搭載できる窒素発生システムを構築致します。
この窒素発生装置は窒素発生量、窒素純度及びシステムの物理的寸法において広範囲にアレンジ可能です。
大新テクノスはこれまでの確かな技術と実績で皆様のご要望にお応えして参ります。

PRISMR メンブレンテクノロジー

メンブレン式窒素発生装置の主要な構成要素はプリズム膜分離モジュールです。 各モジュールは圧縮された空気中の酸素、水蒸気、及び二酸化炭素を選択的に除去する数千の中空繊維を含み、最終的に豊富な窒素生成物流を生じる。
メンブレン(透過膜)モジュールを通過する空気流量を調整することにより、異なる窒素濃度及び窒素流量を製造することができる。

メンブレンは、単位体積当たりの最大膜表面積を得るように中空繊維内に形成されています。
数千の繊維は保護ケース内に束ねられ、入口から製品端部にガスを適切に導く。 そして、簡単にシステムのモジュール大容量化のために一緒に積み重ねることができる便利で標準化されたユニットが作成されます。


窒素発生装置(メンブレン式)

バラスト水処理装置

HANLA EcoGuardian™ バラスト水管理システム < フィルター + 電気分解 >

HANLA EcoGuardian™バラスト水管理システムの動作はバラスティング、航海中、デバラスティングの3段階に分けることができます。
バラスティング段階では、我々のシステムはエネルギー消費を最適化するために次の2つのステップのプロセスを有する。最初のステップはシーチェストからきているメインバラスト水の流れから堆積物や大きい生物を除去するための自動逆洗浄フィルターユニットによる濾過である。
第二のステップは、サイドラインの電気分解ユニットで生成される殺菌剤(TRO)によるプランクトンや細菌の不活性化である。(図-2)
航海中、バラストタンクに残った生物は殺菌剤(TRO)の残留効果によって引き続き駆除される。
デバラスティング段階では、バラスト水を海に排出する前に希釈されたチオ硫酸ナトリウム溶液がメインデバラスティングラインに注入されデバラスティング水と混合し、残留殺菌剤(TRO)が中和される。

  • 図-1
    図-1:HANLA EcoGuardian™のレイアウト
  • 図-2
    図-2:バラスティングのプロセス

HANLA EcoGuardian™バラスト水管理システムのアドバンテージ

  1. 実績のある信頼性の高い技術を使用
  2. 危険な化学物質の在庫不要
  3. 濁った水でも有効
  4. 低価格
  5. 新造船及びレトロフィットの搭載が簡単
  6. 低維持費
  7. シンプルで簡単な操作
  8. 船体&配管の腐食がない
  9. 堆積物の除去
  10. グローバルサービスネットワークによるサポート

バラスト水管理条約について

IMO では、海洋環境保護委員会(Marine Environment protection Committee: MEPC)1において、バラスト水及びそこに含まれる沈殿物の管理に関する国際的に強制力のある取り決め方法を検討することを開始し(1998 年のMEPC41)、船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理は、独立した国際条約であるべきとして、その案を検討してきた。
こうして作成された「船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約」(以下、バラスト水管理条約)は、2004 年2 月9 日から13 日の間、74 カ国が参加してIMO 本部において開催された「船舶のバラスト水管理に関する国際採択会議」において採択された。
バラスト水管理条約は、条約締約国に籍を置く船舶に適用され、締約国は、条約の附属書(ANNEX)に示されている規則を、その国の船舶に適用する義務を有することになっている。なお、条約が適用されない船舶として、以下が規定されている。

  1. バラスト水を積まない船舶、及び恒久的なバラスト水のみを積む船舶
  2. 自国の海域のみ、又はある1国の海域のみを航行する船舶
  3. 自国と外洋のみを航行する船舶(すなわち、他国に寄港しない)
  4. 軍艦

条約発効後に実施が義務づけられるバラスト水管理方策としては、

  1. 外洋上でのバラスト水交換(附属書D-1 規則)
  2. バラスト水排出基準(D-2 基準)を満足するバラスト水処理(附属書D-2 規則)
  3. 受入施設へのバラスト水排出(附属書B-3.規則1.6 項)
  4. MEPC で承認される他の方策(附属書B-3.規則1.7 項)

が定められている。上記1.「外洋上でのバラスト水交換」は、2009 年より前に建造される船舶に認められる暫定的な方策として位置付けられ、2009 年以降に建造される船舶に対しては、2.バラスト水排出基準(D-2 基準、下記参照)を満足するバラスト水処理が順次義務化されることになっている。

バラスト水管理条約における排水時の基準に関する規則D-2

規則 D-2 バラスト水排出基準
  1. 海洋生物に関する排出基準
    1. 排出バラスト水に含まれる最小サイズが50 μm 以上の生きている生物量は1 m3 当たり10 個体未満であること、かつ
    2. 最小サイズが10 μm 以上でかつ50 μm 未満の生きている生物量は1 mL 当たり10 個体未満であること。
      (ここで最小サイズとは、長さ、幅、厚さのうち一番小さい値である)
  2. 指標病原菌に関する排出基準
    1. 排出バラスト水に含まれる病原性コレラ菌の数は、バラスト水100ml 当たり1 cfu 未満、または動物プランクトンは、湿重量1 g 当たり1 cfu 未満
      (cfu はcolony forming unit, コロニー形成単位)であること、かつ
    2. 大腸菌の数は、バラスト水100 mL 当たり250 cfu 未満であること、かつ
    3. 腸球菌の数は、バラスト水100 mL 当たり100 cfu 未満であること。